[字幕動画] マイク・ストーン: モンキー・ビジネス

投稿者: | 2022-06-13

前編

えっ、もう別のウイルスを出してくるの?

サル痘の話が出てきたとき、まずそう思いました。コロナも冷めやらないうちに、もう別のウイルスで脅そうとしている。しかも、「サル痘」って、なんとなく笑えますよね。英語でも「モンキーポックス」って、ジョークかと思ってしまうようなネーミングです。動画の最初の方に、テレビのニュースをつなぎ合わせたクリップを流していますが、思わず笑ってしまいます。

そして、私はすぐにワクチンとの関連性を考えました。私の今の理解では、発疹が出るのは解毒のため。多くの人がもう 3 回、4 回と例のワクチンを打っています。すぐに副反応が出なかった人でも、いずれは体が解毒を始めるはず。サル痘だと言い始めたのは、ワクチンが原因であるものをごまかすためなのではないか。それが私が最初に思ったことでした。

このインタビューで、マイク・ストーンも同じことを言っています。彼は、viroliegy.com というサイトでウイルス学の問題点を指摘する記事を書いている人です。字幕付けを始めたきっかけにも書きましたが、私は彼の書いた記事から、ウイルスの存在が証明されていないということを知りました。彼は自分で文献を読み、よく研究しています。その彼の視点から、サル痘の最初の発見についてや天然痘ワクチンの話など、興味深かったので、字幕を付けてみました。

英語で monkey business というのは、「いたずら」とか「いんちき」とかそういう意味があります。今回のサル痘の話は、まさにモンキー・ビジネスですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。